トップ 修了証書取得プログラム 分野別テスト TOPECとは お問い合わせ

TOPEC / 修了証書取得プログラム / 看護英語教師養成講座 / 受講生の声

【基礎編】
● 2015年2月

受講生(大学の医療系学科・英語教師)
第1日目のご感想

■山内豊明教授(名古屋大学大学院医学系研究科 医学博士/看護学博士)講演
テーマ
・看護師の英語の必要性
・看護学生のための英語教育 等

医療現場における英語の必要性、看護師の英語力の必要性を、異文化コミュニケーションの視点から、説明して頂きました。 看護師は医療現場と患者の間のギャップを埋める役割を担っているとの説明をして頂き、看護師に英語力が必要であることがよく分かりました。
さらに、ギャップは言葉や言語体系だけではなく、文化の違いにも根ざしており、異文化コミュニケーションの視点が必要であることも説明して頂きました。
ご自身の体験談も交えて、具体的で大変分かりやすい講義をして頂きました。「日本の医療システムに患者をどうつなぐかがゴールである」とのお話が印象に残りました。


■Margaret Raye先生 講義
Class1
テーマ
・一般英語と看護英語教授の違い
・さまざまな学習方法 等

とても親しみやすく、安心して授業を受けさせて頂きました。
まず、インプット、アウトプット、情意フィルター、意味交渉、学習スタイルなど、第二言語習得論を概観して頂きました。その後で、一般英語と医療英語の違いや教授法についても、ご説明を頂きました。患者との会話で、情報を聞き出したり、説明したり、指示したりするときにどのような問題が発生するか、例を示して説明して頂き、大変分かりやすかったです。また、文化や風習に配慮する必要性も、具体的な例を示して分かりやすく説明して下さいました。その後で、消化器系の説明を題材にした授業を展開して下さいました。一方的な講義ではなく、実際に参加者どうしでペアアクティビティーを体験させて頂きました。質問にも丁寧にお答え頂き、大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

授業風景

授業風景1 授業風景2 授業風景3
看護英語教師養成講座[基礎編]はこちら>>

受講生(大学の医療系学科・英語教師)
第2日目のご感想

■Margaret Raye先生 講義
Class2
テーマ
教授法について学ぶ

第二言語教授法を概観し、シラバス、目的、学習者の役割、教師の役割について、説明して頂きました。実際のパンフレットを教材に使うことも有効であると、現物を提示して説明して頂きました。また、授業内活動の例として、カードゲームを体験させて頂きました。単語を覚えるのに良い方法だと思いました。また、消化器系の説明を英語で説明する練習がありました。患者さんに英語で説明するためには、しっかりと内容を理解しておくことも必要だと感じました。説明に際しては動詞、順番を表す言葉(first, next, thenなど)が大切であることを学びました。

Class3
テーマ
医学用語について学ぶ

医療英語の成り立ちを説明して頂き、医療英語は系統立てて覚えることが有効であることを学びました。さらに、骨格、内臓などを復習しながら、様々な医療英語を概観しました。また、患者さんに説明するためには、専門用語だけでなくそれに対応する一般用語も知っておく必要があることが分かりました。系統だった説明と、生徒の持っている知識を引き出して、そこから新しい単語や知識の説明につなげる授業スタイルで、大変分かりやすかったです。

授業風景

授業風景4 授業風景5 授業風景6
看護英語教師養成講座[基礎編]はこちら>>

受講生(大学の医療系学科・英語教師)
第3日目のご感想

■Margaret Raye先生 講義
Class4
テーマ
患者や医療従事者との会話について学ぶ

語彙の定着を図るゲームを教えて頂きました。
語を提示するか定義を提示するかで、難易度を調整できることが分かりました。
さらに、患者に説明を実施する際の表現を教えて頂きました。
説明を始める際の話しかけの表現から順を追って提示して頂いたので、分かりやすかったです。
また、それぞれに対して異なった丁寧さの表現を提示して頂いたことも有益でした。
次回の模擬授業に備えて、助言を頂きました。内容を広げすぎて学習者に負荷がかかりすぎる授業計画になっていたので、改めたいと思います。また、先生の授業自体が英語のみで展開されているので、英語で授業を実施するお手本にさせて頂ければと思いました。

授業風景

授業風景7 授業風景8 授業風景9
看護英語教師養成講座[基礎編]はこちら>>

受講生(大学の医療系学科・英語教師)
最終日のご感想

■Margaret Raye先生 講義
Class5
テーマ
まとめとプレゼンテーション
最終日の4日目、受講生はプレゼンテーションを行いました。 授業前半は、課題として出されていたプレゼンテーション用のダイアログを添削しながら、看護師が患者と会話するときの自然なフレーズ、よく使われる定型文について確認をしました。
後半のプレゼンテーションでは、受講生は英語での模擬授業を実施。学生役となったマーガレット先生からの質問事項に対しても、スムーズなコミュニケーションで対応し、今回の講座で医療英語を学んだ経験が発揮されました。
Dear Ms. Raye:
It was a great pleasure to be in your class.
I am so lucky to have a chance to learn from such an excellent teacher.
Your lessons were very informative and I also enjoyed every moment of the lessons.
I found it difficult to explain the digestive system at first, but your instructions helped me out.
Now I know how my students would feel when they have difficulty in explaining something, and I also understand the teacher's instructions mean a lot in such occasions.

看護英語教師養成講座[基礎編]はこちら>>

TOPECのニーズをご紹介