トップ 修了証書取得プログラム 分野別テスト TOPECとは お問い合わせ
TOPEC-Topics&Columns-
TOPEC / Topics & Columns / 福祉分野の英語試験への期待

福祉分野の英語試験への期待

国際化に伴い、福祉分野従事者達が、外国人の患者や同業者に接する機会が増えてきました。また、日本とASEAN諸国との経済連携協定により、今後、アジア諸国から多くの福祉分野従事者が日本へやって来ます。日本側の福祉現場に求められるのは、十分な準備をして、アジアからの労働者受け入れに備えることであり、日本の福祉従事者達には、これまで以上に英語でのコミュニケーション能力が必要とされます。福祉分野における専門的な語彙、表現を習得し、英語でのコミュニケーション能力の高い(国際的に活躍する)福祉従事者の育成を目指します。そのためにも、福祉英語試験の開発・実施が待たれています。

近藤 雅臣
IPEC理事
財団法人 化学物質評価研究機構理事長   
大阪府薬事審議会会長、大阪大学 名誉教授
医学博士
※TOPEC福祉は2008年度スタートの予定です。