医療英語コミュニケーション基礎コースを修了されていかがでしたか?

消化器系レッスン:
消化のシステムを、基礎の解剖からはじまり、消化機能(摂取、消化、吸収、排泄)を学びます。
各器官の名称では、特に発音の練習をし、消化機能では、口から食べ物を摂取してから排泄までの流れをポスターを用いて学び、授業の最後には自分で説明できるようになりました。疾患では、盲腸と診断された患者と医療者のロールプレイで、患者対応に役立つ内容となっています。最後に、消化器疾患の中で代表的な疾患である、肝炎の原因・症状・検査・診断を学びました。

循環器系レッスン:
循環器のシステムを、基礎の心臓の解剖からはじまり、心臓の各器官の名称や心臓の働きなど略語を交えて正確な発音を学びながら覚えていきました。
代表的な心疾患や心電図波形を図や表で理解しやすく学び、ロールプレイでは、実際によく行われる心臓の検査(トレッドミル)の手順を説明する看護師とその検査を受ける患者の設定で、実務に役立つ内容となっていました。

ページトップへ